お見合いで相手のことをよく知るためにするべき質問とは?

絞り込みは基本情報が重要

まずは、相手のことをいろいろ知る以前に、数ある会員から絞り込むことが重要です。個人に応じていろいろな好みがありますのでそちらを尊重して絞り込むことが得策です。例えば、年齢と写真で顔の好みで選んだり、年収や学歴などの社会的地位で選ぶなど様々です。詳しい情報が知りたければ、スタッフに相談することでより具体的な情報や印象のイメージを持つことができます。絞り込むことができたらお見合いがスタートで喫茶店などで会話をすることから始めていきます。2人きりで話が盛り上がるかどうかが今後を左右していき、お互いが気に入ればスタッフを通して連絡先を交換するなどして、今後は自分たちでスケジューリングしてデートなどに移ります。

相手のことをよく知るには

質問には大きく2種類があります。1つ目は趣味などの個人的な情報です。こちらはストレートに聞くことで話がはずみます。例えば、趣味がなんであるとか仕事の内容は何かといったことです。細かく質問を繰り返すことで情報が具体的になりやすいです。2つ目は人格に関する質問です。これはストレートに聞きにくいので、仮定法を使うことで相手の人柄を引き出すことができます。例えば、結婚後の仕事の考え方であるとか両親の面倒を見るときの考え方などです。話だけでは分からない場合は、実際に体験することが重要です。例えば、一緒に生活をしてみての価値観であるとか、病気などのトラブルの乗り越えかたなどです。スタッフに相談する手段も有効です。

結婚相談所を福岡を探すため、結婚適齢期の会員が多く在籍しているところを中心に、入会金や年会費の相場を調べてみることが良いでしょう。

© Copyright Marriage Agency. All Rights Reserved.